青汁が人気なのは飲みやすいから!もうまずい青汁の時代は終わった

青汁が人気なのは飲みやすいから!もうまずい青汁の時代は終わった

「これからの青汁はおいしくて高機能な成分が人気を呼ぶ」

最近は様々な青汁が製品開発されていますが、
そんな中で、より効能の高い物を見分ける際にポイントとなるのが
成分の吸収率です。

それは1日にコップ1杯の青汁を飲むとして、
より吸収率の高い青汁を飲んだ方が効果を実感しやすいからです。

そんな中でお勧めな青汁が、サントリーの極の青汁です。

成分には熊本県の阿蘇地方の大麦若葉と
鹿児島の屋久島産の明日葉をメインに配合しています。

これらの大麦若葉も明日葉も太陽の光をしっかり浴びた
肥えた土壌の元で生産されているので、
安全でより凝縮した栄養素を補う事が出来ます。

大麦若葉からは豊富なビタミンやミネラルの他にも、
食物繊維をたっぷり摂取する事が出来ます。

明日葉からはビタミンやβーカロチン
、カルシウムと健康に欠かせない栄養分をしっかり摂取していけます。

特に現代の食事では、
ビタミンやミネラルの他にもβーカロチンやカルシウムは
普段の食生活ではなかなか摂取しずらいです。

このように体に大切な成分が凝縮された物を
青汁として飲みながら補ってあげる事が大切です。

さらに極の青汁の素晴らしい点は・・・

ポリフェノールの一種であるケルセチンプラスを配合して、
青汁のビタミンやミネラル、カルシウム等の栄養素がより効率よく
体内へ吸収されるような工夫を凝らしているのです。

だからきっと長く飲み続ける事によって、
他の青汁との違いに気が付く事でしょう。

毎日しっかり飲み続けて欲しい願いをこめて、
飲みやすさ、味を追求して成分に日本人好みの抹茶や煎茶、
キシロオリゴ糖を配合しています。

ほのかな甘みがミックスされているので、
昔ながらの青汁に抱かれていた「苦い」といったイメージから脱却して、
子供から老人まで飲みやすい味作りに成功したのです。

これは飲み物の開発に優れたサントリーだからこそなせる業でしょう。

他にも成分には、ビタミンC,ビタミンE,ビタミンKといった風に、
特に高齢の方に嬉しい美容と健康に欠かせない成分が配合されています。

これだけの栄養分が含まれているに関わらず、
そのカロリーは一袋たったの8.5~13キロカロリーなので、
ダイエット中の方でも安心して長く飲み続けられます。

これからの青汁は、このように高機能でおいしい物
人気を確保していく事でしょう。

長く継続して飲み続けてこそ、健康や美容、栄養不足といった
様々な体の悩みを解決していけるようはずだと
開発された極の青汁の魅力がしっかり伝わってくるはずです。

このように青汁選びで迷ったらまずその青汁の成分や効能、
生産過程等をしっかり調べて購入するのが賢い選び方なのでした。